アイコスと禁煙時の注意

NO IMAGE

アイコスもタバコと同じく健康に悪影響を及ぼす

喫煙は、喫煙者だけでなく、副流煙を吸った周囲の人の健康にも悪影響を及ぼします。そうしたタバコの有毒性を減らした代替品として、アイコスという加熱式タバコの人気が高まっています。

アイコスには、タールという人体に有害な物資が含まれないため、通常のタバコよりも健康への悪影響が少ないとされています。このことから、アイコスを使えば禁煙の必要はないと考える人もいるかもしれません。

しかし、アイコスは通常のタバコと同様、依存性の高いニコチンという物質が含まれています。また、有害性はタバコより低いとされていますが、まったくの無害であることが証明されているわけではありません。そのため、海外ではアイコスが解禁されていない国もあります。

これらのことから、アイコスをタバコの代替品と考えるのは妥当ではありません。健康のことを考えれば、アイコスでも禁煙することが望ましいです。

禁煙を始めるなら1本も吸わないと決める

通常のタバコも、アイコスも、ニコチンという依存性の高い物質が含まれているため、禁煙は簡単なことではありません。

禁煙を始めたら、一本も吸わないと決めましょう。「1本だけならいだろう」と吸い始めてしまうと、なし崩しに吸い続けてしまうでしょう。

飲み会などで、周りの人がタバコを吸っているのを見ると、自分も吸いたくなってしまうかもしれません。そのため、禁煙をしている間は、そういった場所になるべく行かないのが望ましいです。

禁煙を自分の力だけで成功させるのが難しいと感じたら、家族やパートナーに、タバコを吸わないと宣言するのもよいでしょう。