禁煙が成功すると太るって本当?

NO IMAGE

禁煙すると食欲や腸の働きが向上する

タバコを吸うと、呼吸器をはじめ体のいろいろな部分に悪影響が及びます。そのため、禁煙を試みようとする人は少なくありません。

一方、「タバコをやめると太る」という説もあり、太るのがいやで禁煙を実行に移せないという人もいます。実際、禁煙に成功した人の中には、タバコを吸っていたときよりも体重が増えたという人もいます。

原因として考えられるのは、胃腸の働きが良くなることです。消化、吸収能力が上がることで、食事の量が変わらなくても、喫煙していたときよりも太りやすくなる場合があります。

また、タバコを吸わなくなると、味覚が回復します。喫煙していたときよりも食事が楽しくなるということも、太る原因として考えられます。

さらに、タバコに含まれているニコチンには、食欲を抑制する働きがあります。禁煙を始め、ニコチンを摂取しなくなると、食欲が増し、結果として太ってしまう場合もあるのです。

タバコの代わりにガムや飴を食べると太る原因に

禁煙を始めると太る可能性があります。しかし、禁煙によって得られる健康回復のメリットの方が大きいため、やはり禁煙することが望ましいです。

禁煙時、タバコ吸いたい欲求を抑えるため、代用品を求めることがあるでしょう。しかし、それが太る原因になる可能性があるので、注意しましょう。

口寂しさを紛らわせようと、ガムや飴を頻繁に口にしていると、カロリーの摂取量が増加します。その結果、体重が増加してしまうのです。

タバコを吸いたくなったときに、代替品を利用することは確かに有効です。ですが、ガムや飴などで、ニコチンの依存性は簡単に抑えられません。禁煙がうまくいかない場合は、禁煙外来を受診するのが最も確実です。