タバコが健康に与える悪影響

ニコチンの依存性が禁煙を難しくしている

タバコが健康に悪影響を及ぼすことは、今では広く知られています。そのため、禁煙を考えている人や、禁煙を試みている人も多いでしょう。

しかし、禁煙しようと決意しても、実際にタバコをやめることは困難を伴います。なぜなら、タバコを習慣的に吸っている人は、ニコチン依存症となっている可能性があるからです。

ニコチン依存症の人には、タバコを吸わないでいるとイライラしたり、落ち着きがなくなったりするといった症状が見られます。

タバコを吸うと、ニコチンが脳の受容体と結合し、ドーパミンという快感物質が放出されます。ドーパミンによる快感や落ち着きを求めて喫煙を続けていると、ドーパミンが放出されない間はイライラや不安を感じるようになります。その結果、喫煙を止められなくなるのです。

ニコチン依存症は、自分の意思だけで禁煙を続けるのは困難です。ニコチン依存症はひとつの病気だという認識を持ち、禁煙外来や専門の医療機関を受診しましょう。

喫煙が自分だけでなく周囲の人にも悪影響を及ぼす

タバコの煙には有害物質が数多く含まれており、様々な病気の原因となります。また、タバコの害を受けるのは喫煙者だけではありません。タバコの火のついた先から出る「副流煙」を吸い込むことで、周囲の人も健康に害を受けてしまうのです。

副流煙を吸い込むことを「受動喫煙」といいます。近年、非喫煙者が受動喫煙によって健康を害することは広く認識されており、問題視されています。そのため、喫煙者と非喫煙者のスペースを分けたり、喫煙ルームを設置したりするなどの配慮がおこなわれています。

また、禁煙外来などの医療機関による、禁煙のサポート体制も整ってきています。

タバコによる健康被害はすぐに起こるわけではありません。しかし、将来的に様々な病気の原因になります。自分や周囲の健康を考えるなら、早い段階で喫煙量を減らしていき、最終的には喫煙習慣を断つのが望ましいです。

喫煙は慢性閉塞性肺疾患の原因になる

習慣的に喫煙していると「慢性閉塞性肺疾患」が起こるリスクが高まります。

慢性閉塞性肺疾患を発症しやすいのは、長年タバコを吸っている人や、土木作業などで塵や埃が舞う場所にいることが多い人です。肺に悪影響を及ぼす物質が蓄積することで、肺の機能が低下してしまうのです。

慢性閉塞性肺疾患になると、ちょっとした動作で息苦しさを感じるようになります。散歩や階段を少し上った時に、急に息が上がって座り込んでしまうようなことも起こります。また、肺に炎症が起こり、発熱や倦怠感を生じたり、常に息苦しさを感じるようになったりして、生活に支障をきたす場合もあるのです。

慢性閉塞性肺疾患を発症したら、病院を受診しなければいけません。検査ののち、酸素療法を受けます。

酸素を取り込むことで息苦しさや怠さが少しずつ緩和されるでしょう。それと並行してリハビリを受ける必要があります。リハビリは、口をすぼめ、ゆっくりと息を吐き出す練習などが行われます。

喫煙は肺がんや命にかかわる病気の原因になる

喫煙は肺がんの原因になります。肺の中にがん細胞が入り込み、肺の機能に悪影響を及ぼします。その結果。息苦しさが生じたり、血の混じった痰が多く出たりするといった症状があらわれるのです。

肺がんの発症率は、年々増加の傾向にあります。タバコを長年吸っていると、肺がんを発症する確率が高まります。また、受動喫煙も肺がんのリスクとなるのです。

がん細胞は、血液の流れに乗って全身に広がっていきます。その結果、肺だけでなく、体の他の部位に転移してしまうのです。

肺がんの他にも、喫煙は心臓や脳の病気を引き起こします。代表的なものとして、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞が挙げられます。

狭心症になると、胸が締め付けられるような痛みが生じるようになるのが特徴です。狭心症が悪化すると心筋梗塞に発展し、心臓が血液不足となり、最悪の場合死に至ります。

脳卒中や脳梗塞になると、健忘や手足の痺れが起こります。さらに呂律が回らなくなったり、顔半分が下に下がっていったりするといった症状も見られます。